アメリカ就職の手段はコレ!憧れのアメリカ生活

■アメリカはアメリカでも日系企業に就職
アメリカで働く方法の1つとして、現地の日系企業で働くというのは、とても便利な方法です。

というのも、他の企業よりも日本人が優先して採用されやすくなりますので、採用のチャンスが高いということが挙げられます。

日本のアメリカ支社というケースが多くなりますので、日本からの重要書類や製品の詳細などが日本語で送られてきて、日本人スタッフが必要となるからです。

また、職場で日本語を話せるというのも、日系企業で働くメリットの1つでしょう。

仲間同士のコミュニケーションはもちろんのこと、仕事上のやりとりも日本語でできると安心感が違いますね。

■米国人が設立した会社に就職
アメリカにおける働き方の中で一番選択肢が多いのが、この方法でしょう。

英語能力やスキルに問題がなければ、事実上どの企業にも就職できますし、地域に関わりなく仕事を探せます。

日系企業はどうしても、東西の海岸沿いに集中しがちですし、業種も限られてしまいます。

その点、現地企業であれば好きな仕事をどこででも選べるので、そのメリットは大きいものがあります。

いろいろな文化の人と接して、仲間を増やしていくこともできますし、今まで経験したことのないような仕事を楽しめる機会ともなります。

■日本で就職・・・渡米アメリカへ
全体の中では少ないものので、日系企業のアメリカ駐在員という働き方を狙うという方法もあります。

貿易系の会社や自動車もしくは電機関連の製造業などに多く見られる仕事です。

日本での求人を探すことが多くなりますが、たまにアメリカでも駐在員という形で求人が出ることもあります。

住居手当や家族手当などが充実していますし、住居や交通手段の提供などの付加的なメリットを得られることもありますので、働きやすい方法でしょう。

一方で、求人数そのものが少ないことと、人気があるので競争が激しくなるという面もあります。

細かく求人をチェックして良い条件のところを探すようにしましょう。

■ワーキングホリデーからの就職
気軽に外国に住んで仕事ができるビザとして人気なのが、ワーキングホリデーです。

しかし、残念ながらアメリカにはワーホリ制度はありません。

そのため、学生ビザや就労ビザで渡航するしかありません。

学生ビザを取って、語学留学などの目的のために長期滞在することは可能ですが、このビザでは通常の仕事をすることはできません。

そのため、働いてアメリカの文化などを知りたいと思うなら、ボランティアでの仕事を探すと良いでしょう。

たくさんのボランティア団体がありますので、登録するとすぐに働けます。

中には、条件付きの有償ボランティアができるところもあります。

また、学生ビザであってもキャンパス内でのバイトは問題ないなどの規則もありますので、上手にビザの特性を知って働くこともできます。

しかし、間違っても違法にビザの範疇を超えた仕事をしないようにしましょう。

強制送還などのとても厳しいペナルティーを受けることになりかねません。

人材紹介会社の使い方、おすすめ人材紹介会社についての情報は
アメリカ就職を日本人がを参考に。

アメリカでアルバイトして働くなら事前に知っておくと良い作法の話

アメリカ人は地域によって全然違います。私がシアトルにいたころアメリカ人は仲間意識が強いなと感じましたがハワイではすごくフレンドリーです。アメリカは主にインターネット社会なので学校や仕事もインターネットを重視する傾向にあります。ただ日本と違う点はボランティアです。例えば大学受験の必須項目にボランティアを何時間しなければいけないと書かれています。大学ではボランティアをすると単位がもらえるようになっています。

アメリカのサービスについてですが、日本よりは雑に感じます。お店で服を買った場合、日本ではきちんとたたんでもらえますが、アメリカではざっくりとたたまれて袋に入れます。でもお店では社員たちも自由な雰囲気を漂らせていて、日本みたいに私語禁止なんてことはありません。携帯やおしゃべりはよく耳にしますが、そのかわりお客さんも気軽に話せるかと思います。

食品は添加物が入っているものが多いです。日本みたいに天然物と書いていてもどうも色がおかしい場合もありますので注意してください。お買い物時はスーパーなどで支払い前の商品を飲み食いできます。というのは、お客さんは空になった商品をレジに持っていって支払うからです。もちろんコーヒーカップなどの持ち込みも可能です。

クレジットカードで支払う場合は大概の場合自分で操作をします。例えば買った総額の確認と同意、署名と寄付の有無などです。でも署名を手書きで要求された場合、バッテンマークを付けて渡されるのでそのバッテンマークの横に署名してください。レストランに行った場合に現金で支払う場合はチップを含めた現金を渡された長細いファイルに入れて置いておきます。その中には領収書が入っているはずなどで、お釣りを必要としない場合は店員に渡さず机に置いて店を出ても大丈夫です。もちろん、クレジットカードは店員さんに渡してくださいね。

仕事の時給は税金を含んだ金額で提示されますので実際に渡されるのは多少減ります。そして電車賃などの給与は会社によって違います。アルバイトからスタートしてアメリカの企業へ就職する日本人もいます。

あなたも招かれるかも?アメリカ人家族の料理おもてなし

アメリカ料理と言ったらみなさん、どんなものを思い浮かべるでしょうか。

実際のところ、料理というより特定の食べ物ばかり思い浮かべる人が大半だと思います。

ハンバーガー、ホットドッグ、フライドチキン、ピザ、アイスクリーム、バーベキュー……このあたりでしょうか。

そりゃあまぁ家庭で作れることは作れますが、バーベキュー以外はファーストフードとして購入して食べるものというイメージが強いですね。

事実として、アメリカの経済発展、工業発展の中では各家庭、各個人が料理や家事をするより、それそのものを商売としているプロフェッショナルに委託した方が効率が良いという近代都市社会の典型が成立していったので、当然の帰結と言えるかもしれません。

移民の開拓によって世代を重ねることで「アメリカ人」が出来上がった現在では「故郷の味」というものも失われてしまい、ファーストフードがそれを担うものになったのだと……まぁ、勝手に外の日本から考える限り、そうなっていったのだと思います。

ちなみに、こういった「外からやってきた労働者向けに、商業的な食事文化が発達する」というパターンは近代の日本、江戸→東京でも見られるパターンですね。

そんな中で、バーベキューはアメリカ料理と言えるだけの歴史があるかもしれません。

バーベキューと言いますか、ああいう肉を野外で調理する文化は狩猟民族の原始的な調理文化でもあります。

家長……大抵ダディ(お父さん)が肉を切り、焼き、分配するというのは、狩りで仕留めた者が獲物を家族に分ける、という文化の名残と言われています。

それだけではなく、開拓者時代にはそこらへんにいる獲物を仕留めて食糧にするということが常だったのです。

その野生の獲物の肉は、ただ焼いたり煮たりしただけでは硬かったり臭かったりして、あまり食用に向いていません。

そんな肉でも手間暇かけて柔らかくし、臭みを消して美味しい料理にするという文化が、本場アメリカのバーベキューでは実はまだ生き残っていたりします。

アウトドア用品として、ダッチオーブンなんかがありますが、ああいうのを使うバーベキュー料理というのは正に「アメリカ料理」と言えると思います。

経済的発展を遂げてファーストフードが広まったアメリカ料理文化ですが、なんだかんだ民族的な料理文化もちゃんと生き残っているのです。

もしあなたがアメリカ系の企業に就職したとしたら現地のBOSSに招かれることもあるかもしれません。その逆にあなたがおもてなしする事もあるでしょう。

アメリカの社会保障制度、福祉制度を把握しておこう

アメリカで就職する際に日本人がおそろかにしがちな待遇や社会保障については事前に把握しておくことをおすすめします。

アメリカは人種のサラダボールと呼ばれるほど、たくさんの人種の方が暮らしています。その中には、移民や難民の方も多くアメリカに移住しています。そのため、民族間の考え方の違いや、人種差別問題も深刻だといわれています。アメリカの人種差別を題材にした映画や音楽がたくさんあります。

アメリカは個人主義の国です。歴史的に見て、国家は、国民の人権を尊重し、自由な思想や行動を尊重してきました。その反面、自己責任で生きることを前提に福祉の制度も作られています。

 社会保障制度としては、老齢年金、遺族年金、障害年金があります。また、医療を保障する制度としては、高齢者や障害者、低所得者を制度で支えるメディケアやメディケイトという制度が設けられています。メディケアは高齢者・障害者向けの医療保険制度で、財源は現役世代による社会保障税、メディケア受給者が支払う保険料、また国家一般会計枠で運営されてます。メディケイトが低所得者を対象としています。メディケイドを受けるための資格を受けなければ、この制度は受けれないのですが、資格を受けるためには、所得の調査や資産の調査を受けなければなりません。

日本では国民皆保険皆年金が当然となっていますが、アメリカの医療費の支出をみると、民間医療保険が36%で最大の割合を占め、続いてメディケア19%でメディケイドが17%です。また、自己負担で医療費を支払う場合もあり、16%に上ります。このように、公的な医療保険制度は日本とは異なっています。民間保険会社が発達していて、国の公的な制度をあまり必要としない風潮があるといわれています。

介護保険制度については、日本では公的な介護保険に加入して、必要なときに支援を受けるのが一般的ですが、アメリカでは公的な介護保障制度は無いため、介護サービスは私的に購入するものとされています。介護の公的保障は医療の一部としての限定的なものにとどまっています。

現地の日本企業へ就職するにしてもアメリカで系にしても、チェックしておきましょう。

ニューヨークはアメリカの最大の都市、その醍醐味とは

ニューヨークでの生活、就職といえば日本人にとって大きな憧れだと思います。それぐらいアメリカといえばニューヨークが思いうかびますね。大都会で色々な人種が入り混じっていて、メルティングポッドと言われるだけあって、色々な文化があるのがニューヨークです。

マンハッタン島は小さな島で、その中に摩天楼があり、とても魅力的です。

マンハッタン島の中心部にはセントラルパークがあって、そのセントラルパークの東をアッパーイーストサイドといい、西側をアッパーウエストサイドと言います。南側から下の方をミッドタウンと呼び、北側をハーレムと呼びます。ダウンタウンにはチャイナタウンやリトルイタリーなどがあって、全くの異文化に遭遇することができます。特にチャイナタウンは本当に香港に行ったような感じの街並みで、美味しい中華を食べることができるのです。

チャイナタウンのすぐ隣がリトルイタリーで、イタリアンレストランが並んでいます。

漢字の看板が並ぶチャイナタウンでは野菜や魚介類を買うことができて、ニューヨークに住んでいると、食のためにチャイナタウンまで出かけていくこともあります。

ニューヨークはよくアメリカじゃない、と言われたりしますが、紛れもなくアメリカの大都市なのです。

魅力的で刺激的なアメリカの街がニューヨークです。

© 2016 アメリカ就職HELP. WP Castle Theme by Just Free Themes