アメリカ就職の手段はコレ!憧れのアメリカ生活

■アメリカはアメリカでも日系企業に就職
アメリカで働く方法の1つとして、現地の日系企業で働くというのは、とても便利な方法です。

というのも、他の企業よりも日本人が優先して採用されやすくなりますので、採用のチャンスが高いということが挙げられます。

日本のアメリカ支社というケースが多くなりますので、日本からの重要書類や製品の詳細などが日本語で送られてきて、日本人スタッフが必要となるからです。

また、職場で日本語を話せるというのも、日系企業で働くメリットの1つでしょう。

仲間同士のコミュニケーションはもちろんのこと、仕事上のやりとりも日本語でできると安心感が違いますね。

■米国人が設立した会社に就職
アメリカにおける働き方の中で一番選択肢が多いのが、この方法でしょう。

英語能力やスキルに問題がなければ、事実上どの企業にも就職できますし、地域に関わりなく仕事を探せます。

日系企業はどうしても、東西の海岸沿いに集中しがちですし、業種も限られてしまいます。

その点、現地企業であれば好きな仕事をどこででも選べるので、そのメリットは大きいものがあります。

いろいろな文化の人と接して、仲間を増やしていくこともできますし、今まで経験したことのないような仕事を楽しめる機会ともなります。

■日本で就職・・・渡米アメリカへ
全体の中では少ないものので、日系企業のアメリカ駐在員という働き方を狙うという方法もあります。

貿易系の会社や自動車もしくは電機関連の製造業などに多く見られる仕事です。

日本での求人を探すことが多くなりますが、たまにアメリカでも駐在員という形で求人が出ることもあります。

住居手当や家族手当などが充実していますし、住居や交通手段の提供などの付加的なメリットを得られることもありますので、働きやすい方法でしょう。

一方で、求人数そのものが少ないことと、人気があるので競争が激しくなるという面もあります。

細かく求人をチェックして良い条件のところを探すようにしましょう。

■ワーキングホリデーからの就職
気軽に外国に住んで仕事ができるビザとして人気なのが、ワーキングホリデーです。

しかし、残念ながらアメリカにはワーホリ制度はありません。

そのため、学生ビザや就労ビザで渡航するしかありません。

学生ビザを取って、語学留学などの目的のために長期滞在することは可能ですが、このビザでは通常の仕事をすることはできません。

そのため、働いてアメリカの文化などを知りたいと思うなら、ボランティアでの仕事を探すと良いでしょう。

たくさんのボランティア団体がありますので、登録するとすぐに働けます。

中には、条件付きの有償ボランティアができるところもあります。

また、学生ビザであってもキャンパス内でのバイトは問題ないなどの規則もありますので、上手にビザの特性を知って働くこともできます。

しかし、間違っても違法にビザの範疇を超えた仕事をしないようにしましょう。

強制送還などのとても厳しいペナルティーを受けることになりかねません。

人材紹介会社の使い方、おすすめ人材紹介会社についての情報は
アメリカ就職を日本人がを参考に。

Comments are disabled

© 2017 アメリカ就職HELP. WP Castle Theme by Just Free Themes